転職を安易に考えすぎるのも良くありません

近年では、大卒で就職した人の30%近くが3年以内に辞めると言う時代です。もはや長く同じ会社に勤務する事が美徳とは言えない時代です。

これは、企業が新卒者を育てる余裕がなくなり、即戦力として過剰な要求をしたり、それと同時に若者の側も会社の良し悪しや仕事と自分の相性などを簡単に結論づけすぎる傾向があるためでしょう。

入社して3年間はある意味見習い期間で、そんな中で会社や仕事に対する正しい評価などできなと思います。現に私が勤務していた電機メーカーでは、役付でない社員にも学歴と入社年次をベースにしつつも、仕事をこなせる度合いを客観的に評価し役付までの仕事ランクを付けていましたが、入社3年間はランク評価をしていませんでした。

もちろん、本当にブラック企業も存在し、心身をボロボロにされる恐れがあるなら転職を考えるべきでしょう。しかし、30%の若者がすぐに転職にするのがブラック企業と言われる会社側の問題なら、世の中の企業の30%がブラックと言う事になります。

実際には、そんな事など考えられません。本当に会社や仕事と自分を客観的に評価できるのは入社後5年程かかると思います。客観的に評価して自分の将来のために転職が必要なら、その時に決断すれば良いでしょう。

転職は自己にとってより良い結果をもたらせるものでなければ意味がありません。そうした意味で、転職を安易に考えすぎるのは決してお勧めできませんネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>