ワーキングマザーの悩み

32歳、女性、家族構成は夫、4歳の息子。私は時短勤務で子供を保育園に預けながら働くワーキングマザーだ。この不況下において正社員として働き、激戦の認可保育園に入園できた私は恵まれている。でも、本当にそうなんだろうか?

時短勤務:ワーキングマザーの命ともいえる制度。しかし早く帰る分、当然周囲の人、お客様に迷惑をかける。トラブル発生時に途中でフェードアウトすることほど気まずいものはない。

保育料:地域、年収によってまちまちだが、0歳児の時は月8万円かかっていた。時短勤務の少ない給料から8万円も持っていかれると何のために働いているのかわからなくなる。

病児保育:子供が風邪をひこうと仕事は消えてなくなりはしない。子供が発熱した朝は人気コンサートチケット予約をするかのごとく固定電話、夫婦のスマホ、計3台を駆使して病児保育園の予約を勝ち取りにいく必要がある。勝ち取ったあとは弁当をこしらえ、大きなリュック、仕事のバック、病気の子供を抱え、どこにあるかもよくわからない病児保育園に向かう必要がある。

思い出しただけでため息がでてくる。もちろん他にも煩悩の数以上に悩みはある。世間からは恵まれていると思われるかもしれないが、私にとって子供が楽しく保育園に通っていることだけが救いである。

転職を安易に考えすぎるのも良くありません

近年では、大卒で就職した人の30%近くが3年以内に辞めると言う時代です。もはや長く同じ会社に勤務する事が美徳とは言えない時代です。

これは、企業が新卒者を育てる余裕がなくなり、即戦力として過剰な要求をしたり、それと同時に若者の側も会社の良し悪しや仕事と自分の相性などを簡単に結論づけすぎる傾向があるためでしょう。

入社して3年間はある意味見習い期間で、そんな中で会社や仕事に対する正しい評価などできなと思います。現に私が勤務していた電機メーカーでは、役付でない社員にも学歴と入社年次をベースにしつつも、仕事をこなせる度合いを客観的に評価し役付までの仕事ランクを付けていましたが、入社3年間はランク評価をしていませんでした。

もちろん、本当にブラック企業も存在し、心身をボロボロにされる恐れがあるなら転職を考えるべきでしょう。しかし、30%の若者がすぐに転職にするのがブラック企業と言われる会社側の問題なら、世の中の企業の30%がブラックと言う事になります。

実際には、そんな事など考えられません。本当に会社や仕事と自分を客観的に評価できるのは入社後5年程かかると思います。客観的に評価して自分の将来のために転職が必要なら、その時に決断すれば良いでしょう。

転職は自己にとってより良い結果をもたらせるものでなければ意味がありません。そうした意味で、転職を安易に考えすぎるのは決してお勧めできませんネ。