転職の必要性について考察

一昔の日本では終身雇用制の基、一度入社した会社を途中でやめる事に対してとても否定的でした。

なので、そんな事をすれば辞めた人に何か問題があったのかと白い目で見られたものです。

しかし、バブル経済の崩壊後、日本社会には各所にひずみが生じ、その結果、欧米型の社会へと変化して行っている兆しが見えます。

その一つが転職に対する日本人の考え方の変化です。

今の若者はさとり世代等と呼ばれているそうですが、彼らはその冷めた目で会社に対する冷静な評価を下しており、一度会社に入ったらそこで献身的に働くと言う事に対して否定的であるようです。

つまり、会社に食い物にされるより、会社を食い物にすべきであると言う訳です。
最も、若者全てがこの様な覇気を持っている訳ではないでしょう。

とは言え、高度な専門知識を有する知的労働者が各種企業を渡り歩く様になって来た現在においては、政府も彼らの利益を損ねない形の制度変更にも取り組み始めており、その結果、腕に覚えのある労働者からより良い待遇を目指して転職を繰り返すのが普通になって来ると思います。

そして彼らの様な存在が当たり前となった時には、社会全体が個人を能力と経歴によって判断するより公正なものへと変わっているかも知れませんね。
期待度大です。